技術力をニキビ
ホーム > 夏メイク > チークで魅せる夏メイク!

チークで魅せる夏メイク!

チークというとメイクの脇役的な存在ですが、実はチークの入れ具合でメイクが引き立ちもするし台無しにもなることをご存じでしょうか。チークのポイントはなんといっても色を入れすぎないことです。ほんのり肌の内側からにじみ出るような自然な血色を出すことがチークの目的ですので、「ここにチークを入れています!」といった強い主張は必要ありません。

濃く入れれば入れるほどメイク全体のバランスが悪くなりますし、厚化粧感が出てしまいます。その塩梅が難しいところです。夏のチークもやはり同じこと。自然な血色がポイントですが、汗で落ちてしまって色みが全くなくなってしまうのも顔色が悪く見えてしまう原因になります。

そこで汗崩れを防ぐために朝メイクの際にしっかり濃いめに入れてしまうとバランスも悪くなるし、夏なのに暑苦しい顔に見えてしまうし、と悩みどころですよね。そんな時に役立つのが練りチークです。

クリーム状のチークをほんの少量でいいので指にとって、チークを入れる部分に乗せて指で薄くぼかします。その上に粉状のチークをいつもよりも少なめに入れます。

粉のチークだけだと汗などで取れやすいのですが、クリ―ム系の練りチークをベースに塗っておくことで粉が肌に密着して落ちにくくなります。

ただし、練りチークは発色がよいので、ほんの少量にしておき、その上に塗る粉のチークも量を調節しましょう。あくまでもほんのり赤い「自然な血色感」がポイントです。練りチークがない方は、パールの少ないサーモン系やコーラル系のリップを代用してもよいでしょう。自然で落ちにくい美肌チークは、夏メイクの主役になってくれます!
http://www.trainerangel.com/ctg1/